ファンデーションブラシの使い方

ファンデーションブラシ

 

パウダータイプのファンデーションを購入するとたいてい付属にパフが付いており、それを使用してファンデーションを塗る方が多いはずです。

 

しかしながら、意外と均等に塗ることができずに塗りムラができてしまいます。こうしたお悩みを解消するアイテムとしておすすめなのがファンデーションブラシです。

 

厚塗りを防いで均等に仕上げるのに役立つ

ファンデーションブラシを使うと、均等にムラなくファンデーションを塗ることができ自然な肌に仕上げることができます。
さらに塗る際にあまり力を加えなくても良いので肌に優しいというメリットもあります。

 

ファンデーションブラシを使う時のポイント

使用する際はまずブラシ部分でファンデーションをとります。
余分についた粉を落としたら、頬のあたりに軽くポンポンと押し付けるようにファンデーションをつけたら、後は顔の中心から外側に向かってなじませるように塗っていくだけです。

 

頬や額などの面積の広い部分はブラシを寝がしながら動かし、鼻やフェイスラインはブラシを立てて動かすのがポイントです。

 

ファンデーションブラシは清潔に保ちましょう!

尚、使用後のブラシに残ったファンデーションはティッシュなどでふき取り、週に1回程度のペースに洗うようにしましょう。
汚れたままのブラシには雑菌が繁殖しやすく、そのまま使用すると肌トラブルの原因となりますので注意してください。

 

ファンデーションブラシの選び方・お手入れ方法

 

チークやアイシャドウを使うときには専用のブラシを使いますが、ファンデーションブラシもファンデーションの種類によって使い分ける必要があります。

 

ファンデーションブラシの種類

まずブラシには大きく分けて天然素材のものと人工素材のものがあります。
天然素材のブラシの方が良さそうに思いますが、ファンデーションの種類によっては人工素材のブラシの方が合う場合もあります。

 

パウダーファンデーションにおすすめのブラシ

パウダーファンデーションを使うときには、ソフトな手触りの天然素材のブラシを使うことで自然な感じに仕上げることができます。

 

リキッドファンデーションにおすすめのブラシ

リキッドファンデーションのようなクリーミーなタイプのファンデーションを使うときには、硬めの人工素材のブラシを使うことで、量や範囲をコントロールすることができるようになります。

 

ブラシのお手入れはメイクの仕上がりにも影響する

ファンデーションブラシもパフと同様にお手入れをしないと汚れたり、ブラシの質が低下しますので、定期的にお手入れする必要があります。

 

お手入れをする場合、使用後に毎回行なうお手入れと、汚れが気になった時に行なうお手入れがあります。

 

使用後のファンデーションブラシのお手入れ

毎回行なうお手入れですが、使用後にファンデーションをティッシュやコットンでやさしく落としてください。

 

定期的なファンデーションブラシのお手入れ

汚れが気になった時のお手入れ方法は、ぬるま湯に中性洗剤を入れ、毛先を抑えるようにして洗います。強く洗うとブラシの毛が傷んでしまいますので、やさしく洗うようにしてください。

 

ランキングで人気のファンデーションブラシの特徴は?

ファンデーションブラシ

 

多くの女性にとって、毎日のメイクは欠かせないものです。特に、ベースのファンデーションは、顔色や目の下のクマをカバーしてくれるアイテムとして非常に重要な役割を果たしています。

 

ファンデーションは付属のパフや手で塗るという人の中には、ムラができたり仕上がりに満足していない人も多く見られます。
そのような人々の間で注目されているのが、ファンデーションブラシなのです。

 

肌への負担が少なく均一に塗れる

ファンデーションブラシの特徴としては、肌に塗り込む時に力がかかりにくいため肌への負担も抑えながら均一にムラなく綺麗に仕上げられる点にあります。

 

チクチクしない毛質や使い心地

数多くの商品の中で上位にランキングされているブラシは、毛の材質が柔らかくチクチクとした痛みを感じないものです。

 

ダマにならず適度な量を塗れる

厚塗りにならないように一度に沢山のファンデーションを吸収しないようなブラシが、高い支持を集めています。

 

清潔に保てる抗菌効果

さらに、抗菌機能のあるブラシは衛生的にも肌に良いため、口コミによる評価が高まってきているのです。ニキビや肌荒れなどが起きないよう抗菌作用の高いものが好まれています。

 

価格帯としては、だいたい1000円から2500円ほどとなっています。
手頃な料金で化粧ノリの良い肌を演出できるため、多くの女性たちから親しまれています。

TOPへ