ファンデーションを肌に負担をかけずにクレンジングする方法

ファンデーションは洗顔料で落とすことができませんので、お風呂に入る前にはクレンジングを習慣にしている人も多いと思います。しかし肌のためにメイクや汚れを落としているのに、肌にとっては負担となってしまうこともあります。

 

肌に負担をかけないためには、肌の潤いを奪いすぎないクレンジングを選ぶようにしましょう。

 

クレンジングによる肌への負担は乾燥を招く原因

洗浄力が強すぎるものは、メイクがしっかり落ちるので肌に良いように思えるかもしれません。しかし、メイクを落とすだけではなく、肌に必要な皮脂までも洗い流してしまいます。

 

オイルタイプのクレンジングは洗浄力が高いことで人気がありますが、乾燥しやすい肌の人は注意が必要です。

 

シートタイプによる擦りすぎは肌への負担も大きい

また、シートタイプのものは、肌を擦ってしまう可能性もあります。ゴシゴシと擦ってメイクを落とそうとすると、肌への刺激となり、負担がかかってしまうので、擦らないように注意しましょう。

 

クレンジング時のマッサージはテクスチャーによってはNG!

メイク落としをするついでに顔のマッサージをしている人もいます。丁寧にメイクを落とすことができるうえに、マッサージまで兼ねられるなら一石二鳥と思われるかもしれません。

 

しかし、この方法は肌の潤いを奪うことがあります。その理由は、クレンジングには界面活性剤が入っていますので、長々とマッサージをしていると肌の潤いを奪うことになります。

 

円を描くような要領で手早くなじませて、ファンデ―ションが浮いてくれば、洗い流します。

 

メイクに合わせてクレンジングを選ぶ

ポイントメイクなどを落とすようなクレンジングで全てのメイクを落とそうとした場合、肌が敏感、乾燥しやすい方には負担が大きくなります。
肌トラブルを感じている方はメイク箇所によってクレンジングを使い分けるか、ポイントメイクを先に落とし、その後、ベースメイクを短い時間で落とすというような段階に分けてクレンジングを行うことで、肌への負担を減らすことができます。