ほうれい線に溜まってしまうファンデーション直しの方法

 

ほうれい線にファンデーションが筋になって溜まってしまうという人は、意外と多いはずです。

 

ほうれい線にファンデーションが溜まる原因は、肌の乾燥にあります。

 

原因は水分不足?

一度に使う化粧水の量が十分に足りていないと、肌は乾燥したままになってしまいます。
肌をしっかりと保湿することで、ファンデーションがよれてほうれい線に溜まることも少なくなります。

 

また、口周りは、特に皮脂が少なく乾燥しやすい部分なので、乳液でしっかり保湿し、乾燥を防ぐことも大事です。
さらに、化粧下地には、ファンデーションを密着させる役目がありますから、くずれやすい口周りは密着させることがポイントとなります。

 

ほうれい線周りの化粧直しに役立つアイテム

ファンデーションは、塗った直後はきれいだったのに、気が付いたらスジが入っていたり、浮いてくるなど、化粧崩れを起こすことも少なくありません。
そういった場合のファンデーション直しの方法には、乳液やクリームなどの油分があるもの、綿棒、コットンなどが威力を発揮します。

 

ファンデーションが崩れてしまった場合には、軽くティッシュオフし、余分な皮脂だけとって、適度に残すのがポイントです。
しわが気になる部分には、乳液やクリームなどの油分があるものを、少量塗ってからファンデーションを薄くのばすと、気になる化粧崩れも簡単に直すことができます。

 

 

ほうれい線を上手にカバーするメイクのテクニック

 

せっかくきれいにメイクをしても、ほうれい線があると老けて見えてがっかりしてしまいますよね。

 

その対策としていくつかのポイントがあります。

 

ほうれい線カバーテクニック

まずファンデーションが肌にしっかり密着する、保湿力のある化粧下地が大切です。

 

UVカット効果のあるものやパール入りのものも良いです。
ファンデーションは薄く塗る方がよいです。

 

ハイライトとコンシーラを上手に使いましょう!

ほうれい線を上手にカバーするメイクのテクニックにハイライトとコンシーラの使い方があります。

 

ハイライトは肌を明るく立体的にみせることができます。
部分的につけて明るいツヤ感が出るので良いのですが、あまり広くつけてしまうと膨張して見えて良くないので注意してください。
クリームタイプのものを選ぶと良いです。

 

コンシーラは肌の色より少し明るいものを使います。

 

どちらも筆タイプやチップタイプのものを使うとピンポイントで上手くつけることができます。

 

柔らいタイプのものを使うと良いです。コンシーラやハイライトをほうれい線の溝にそって、指先やスポンジでトントン叩くようにのせてください。

 

そして上から下へ縦にスポンジを動かし仕上げにパウダーで抑えます。
この後のファンデーションは他の部分より薄く塗ることが大事です。これらに注意してきれいなメイクに仕上げましょう。