ファンデーションで肌荒れしまう時の対策方法

ファンデーションは肌の気になるダメージやコンプレックスを隠し、よりキレイな素肌に見せるために欠かせないアイテムです。
本来の用途を超えて厚塗りになってしまったり、お肌の調子が悪くなってしまう方はファンデーションを交換したり、メイクの方法やスキンケアを見直してみましょう。

 

ここではメイクによって肌荒れを引き起こしてしまう原因と対策について解説します。

 

ファンデーションが肌の状態にあっているかをチェック

女性によってはメイクをしているときの方が肌の調子がいいとおっしゃる方もいます。これはメイクアイテムと上手に付き合えていると言って良いでしょう。

 

一方メイクをすることによって肌荒れが気になるという方は、お使いのファンデーションがお肌にあっているものなのか確認することが大切です。

 

ファンデーションの前の段階も重要

メイクの過程においても、土台となるお肌はしっかり保湿されているか、お肌の質に応じた下地を選べているか、お使いのパフは清潔に保たれているかをもう一度見直してみましょう。

 

肌質によっても適切なテクスチャーが違う

お肌の質は人によって個人差があります。皮脂が多い方や、乾燥が気になる方はそれぞれのお悩み別に対応したアイテム選びをしましょう。
混合肌の方は部位に合わせてアイテムを変えるという方法もあります。

 

日々の保湿ケアをしっかりと行いましょう

そしてメイクをしたときは一日の終わりにしっかりとリセットして保湿することも大切です。